ホーム » 未分類 » おまとめローンの問題点とは?

おまとめローンの問題点とは?

「おまとめローン」は複数の会社からお金を借りている人に向けで、多重債務状態を解消するためのサービスです。
各社から借りている借金を1つにまとめて返済していきます。
金利が低くなり、返済する会社も1つになるため利用者が増えています。
しかし、このおまとめローンにはいくつか問題があります。

1つめの問題は「おまとめローンを利用したことによって状況が悪化してしまうケースがある」です。
どのようなローンを契約していたかによりますが、手持ちの不動産会社担保に入れられてしまう、保証人を要求されてしまうなど、おまとめローンを申し込んでしまったがために起こるトラブルも報告されています。

2つめの問題は「本来であれば減らせる借金を減らさないまま返済してしまう」です。
おまとめローンを行う際、利息制限法による引き直し計算がされないため、発生していたはずの過払い金や借金の減額が発生しなくなります。
グレーゾーン金利でお金を借りていた人は要注意です。

3つめの問題は「思っていたほど金利が下がらない」です。
消費者金融から銀行におまとめローン契約をするときは安く見えますが、実際はあまり変わらないケースがあります。
安定して返済している場合は金利が安くなるのですが、貸し倒れの危険性が高い債務者には高金利で貸すからです。
金利が安く見えるおまとめローンでも、利息制限法の上限ギリギリまで金利設定をされて契約を結んでいるケースもあります。