ホーム » 2017 » 7月

月別アーカイブ: 7月 2017

おまとめローンの問題点とは?

「おまとめローン」は複数の会社からお金を借りている人に向けで、多重債務状態を解消するためのサービスです。
各社から借りている借金を1つにまとめて返済していきます。
金利が低くなり、返済する会社も1つになるため利用者が増えています。
しかし、このおまとめローンにはいくつか問題があります。

1つめの問題は「おまとめローンを利用したことによって状況が悪化してしまうケースがある」です。
どのようなローンを契約していたかによりますが、手持ちの不動産会社担保に入れられてしまう、保証人を要求されてしまうなど、おまとめローンを申し込んでしまったがために起こるトラブルも報告されています。

2つめの問題は「本来であれば減らせる借金を減らさないまま返済してしまう」です。
おまとめローンを行う際、利息制限法による引き直し計算がされないため、発生していたはずの過払い金や借金の減額が発生しなくなります。
グレーゾーン金利でお金を借りていた人は要注意です。

3つめの問題は「思っていたほど金利が下がらない」です。
消費者金融から銀行におまとめローン契約をするときは安く見えますが、実際はあまり変わらないケースがあります。
安定して返済している場合は金利が安くなるのですが、貸し倒れの危険性が高い債務者には高金利で貸すからです。
金利が安く見えるおまとめローンでも、利息制限法の上限ギリギリまで金利設定をされて契約を結んでいるケースもあります。

梅田で即日融資出来るところは意外と多い

大阪梅田エリアは日本屈指の繁華街であり、高層ビルが林立しており、経済活動も活発です。
そんな梅田エリアでは即日融資が出来るキャッシングや銀行系ローンが多く存在し、これから融資を受けようとしている方にとってはかなり好都合のエリアでしょう。

梅田ならば駅付近に事業拠点あるいは自動契約機などを設置している即日融資業者も多く、数十万円の限度額から最大で数百万円の限度額を借りることも可能です。
梅田の即日融資業者では低金利のローンを売りにしている業者もかなり多いので、これまで即日融資に対して金利的な面であまりメリットを感じていなかった方もまずは梅田の自動契約機や店舗などで即日融資をしてもらってそのメリットについて体感してみましょう。
梅田の即日融資では低金利ながらも、上限金額の高い銀行系ローンもかなり多くあり、審査についてそれなりの条件が求められる即日融資も少なくありません。
しかしながら厳しい審査を通過してしまえば、その後は銀行系のローンのメリットを享受し続けられますので、収入状況について自信がある方や、社会的地位が高い方で大阪梅田エリアでの即日融資を考えるなら、銀行系ローンで即日融資をしてもらうのがベストです。

銀行系カードローンの利用には口座があるほうが絶対に有利

銀行系カードローンを利用する際、口座を持っておくと便利なことが多いです。
そもそも借入の条件に口座があることを課す銀行もあります。
そうでなくとも口座さえあれば融資までの時間が短時間で済むこともあり、特に理由がないのならば借入先銀行の口座を作るほうが得策です。

より具体的なメリットとしては、返済にあたって関わるものが多いです。
例えば返済に口座振替を利用できるという点が挙げられます。
すなわち毎月決まった日にちに決まった金額が引き落とされますので、残高不足にさえならなければ返済遅延は起こり得ません。
振替ならば手数料もありませんので、とてもスマートな返済方法と言えるでしょう。
ちなみにいうと、カードローン返済専用の口座であるとよりベターです。
返済以外の引き落としがなければ、その口座のお金の管理が容易になるからです。
今現在の残高と次の引き落とし残高の単純な比較により、残高不足かどうか判定できます。
そのため借入に際して新規に口座開設するのは賢い選択といえるかもしれません。

また一旦口座を作ってしまえば、次回以降のカードローン利用がスムーズになります。
WEB経由で申込が完結するなどのメリットがあり、面倒な手続きが簡略化されます。
口座があって損をするということはありませんので、とりあえず作っておくという感覚でも構わないでしょう。

即日融資を希望する際に気をつけることとは

即日融資とは、銀行系や貸金業のカードローン等の借入を申し込んで、当日中に融資を受けることです。

銀行系カードローンとは、銀行や信用金庫等の預金業務をしている金融機関のカードローンのことで、金利は低めですが、申し込み基準が厳しいことがありますので事前に確認しましょう。
サイトで事前の仮診断が出来る所であれば安心です。
即日融資が可能な場合でも、午前中までに契約を済ませる必要がありますので、早めに申し込みましょう。
土日などの休業日は、当日中の審査はできない所がほとんどで、即日融資は難しいでしょう。

貸金業のカードローンとは、預金業務をしていない貸付専門の消費者金融や分割購入の契約をする信販会社で提供されているカードローンです。
利用限度額には、収入による規制があるために多額の借入は難しい場合があり、金利が高めですが、審査や借入に柔軟な対応を見せることがあり、利便性が高いです。
即日融資については、契約機まで出向いてローンカードを発券出来れば、土日や比較的遅い時間でも対応できる場合があります。
ただし、振込で当日中に借入をしたい場合には注意が必要です。
銀行の業務の関係上、土日には対応できないことがほとんどですし、14時以降の振込の入金依頼は、翌日に回されることが予想されます。
提携している金融機関の口座を持っていない限り、午後の申し込みの即日融資は非常に難しい状況でしょう。

カードローンを選定する際のポイントを知ろう

極めて高い信用力と資金力を持ち、多くの国民に信頼されている銀行の参入が相次いでいることもあり、かつてないほど身近な存在になっているのがカードローンです。
たとえ銀行系でなくとも、現在まで生き残っている貸金業者は健全性が担保されているため、消費者金融系でも問題ありません。

そんなカードローンを選ぶ上でのポイントのひとつは、何といっても金利でしょう。
この低金利時代においては、たった1%の差でも馬鹿にできませんから、しっかりと比較検討することが求められます。
比較する際は、上限金利に注目することが大原則。
下限金利は、よほどの大口借入者にしか採用されないためです。

カードローン選びにおけるもうひとつのポイントは、自社ATMの有無です。
いまやほとんどのカードローンは、全国のコンビニATMを利用できますが、それを利用すると手数料を取られてしまいます。
しかし自社ATMなら、どの会社も手数料は無料。
1回あたり最大216円の手数料は決して小さい額ではないため、自社ATMが自分の住んでいる地域に沢山あるかどうかは、選ぶ際の重要なポイントと言えます。

返済方法が沢山用意されているかどうかも、実は大切な選定ポイントのひとつ。
たとえば、自分でATMから返済するしかないカードローンは、思わぬ滞納事故を招くことがあるためです。

契約社員でもおまとめローンの審査に通るのか

おまとめローンは主に多重債務をしている人に向けた銀行や金融業者が提供している商品で、多額を借りて他の債務先を優先的に返済する目的のために使われます。
近年、クレジットカードに付随しているキャッシング機能やカードローンなど、簡単にお金の融資が受けられるサービスが増えてきて、返済できる金額を超えて使いすぎてしまう人が増えているのです。
多重債務に陥るきっかけは、借りた金の返済に充てようと次の借り入れをしてしまうケースが多く、場合によっては悪循環に陥ってしまいます。

多重債務で怖いのは金利の高いもので、優先的に返す必要があり、その時におまとめローンは役立ってくれます。
ただこちらは大金の借り入れになるので、契約社員では否決されるのではないかと不安があるかもしれません。
だいたいのところは契約社員でも借り受けが可能になる場合が多く、定期的な収入があれば認められることが多いです。
そして契約社員だけではなく、フリーターや主婦パートであっても、ある程度の定期的な収入があればおまとめローンは借りられる可能性が高いので、多重債務に悩んでいる場合は試してみてください。
まずは問い合わせてみる、これが大切になってきます。

カードローンの種類について

カードローンには銀行カードローンや消費者金融カードローンなど様々な種類が存在します。
どの種類も基本的な仕組みはほとんど同じで金利や審査に違いが生じます。

それぞれのメリット・デメリットを比較し自分にあった方法で借りることが大切です。

銀行カードローンは金利が低めで限度額も大きいため高額の融資を受ける場合に向いています。
その代わり審査は消費者金融カードローンに比べると厳しく、保証会社も必要です。

一方、消費者金融カードローンは審査が最短即日と早く保証会社も不要であることから少額を早く借りやすいという特徴があります。
保証会社が不要という点で手軽さもありますが、その分銀行カードローンと比較し金利が高めになっているので注意が必要です。

それ以外の点ではおおよそ共通しており、返済システムはリボ払いとなっています。
リボ払いは毎月の返済額が一定であり、繰上げ返済もできるので月の返済額が無理のない設定であれば計画的に返済が行えます。
しかし金利がかかるという点もあるのでなるべく早い返済を心がける必要があります。

カードローンを使用する際はどの種類を利用するのかと同時に、いくらまでなら返済可能なのかといった借入額にも注意しなければなりません。

visaのカードローン

visaのカードローンを利用した経験がある人も多いのではないでしょうか。
カード社会といわれる現代社会では、なくてはならない存在として、今でも人気を誇っています。
カードローンを手掛けるのは、銀行やクレジットカード会社、消費者金融業者などと多岐にわたっていますが、visaほど多くの人に親しまれている金融機関は他に類を見ません。

カードローンがここまでの盛況ぶりを見せているのは、その使い勝手の良さを理由としてあげる人も多くいます。
多くの人の生活に潤いを与えることが、カードの素晴らしさといえるのかもしれません。
visaをはじめとした多くのカードサービスが躍進を続けるのも、たくさんの人に寄り添う姿勢が高評価につながっているのです。

カードローンのサービスを受けるためには、審査を通過する必要性があります。
形式的に行われる審査でなく、カードを使うに値するか否かを見極めるための審査になります。
本人確認書類の提出はもとより、年収や他社での借り入れ状況、家族構成などの要素を総合的に判断することで、可否を決めるのです。
カードローンの繫栄を確固たるものにしてきたのは、しっかりとした審査によるところが大きいとされています。

即日融資を利用する時は勤務先に連絡がある?

即日融資を申し込み時には勤務先に在籍確認の連絡があります。
なぜなら、申込書に記載されている勤務先に本人が在籍していない可能性も考えられるからです。
そのため、即日融資の審査では基本的に利用者の勤務先に在籍確認の連絡をします。
しかし、出来れば在籍確認の連絡を避けたい、と考えている方は少なくないはずです。
実は在籍確認の連絡を回避する方法もあるのです。

先述の通り、即日融資の審査時には在籍確認が必要となりますが、在籍確認の連絡を回避する方法があります。
それは在籍確認ができる書類を提出することです。
在籍確認ができる書類を提出すれば、在籍確認として認められます。
ただし、全ての金融業者ではありません。
この方法を認めているのは、一部の金融業者だけです。
例えば、社員証や社会保険証、勤務先の給与明細などを提出すれば、認められることが多いようです。
また、この方法は窓口のスタッフに直接交渉しなければいけないため、インターネットでの申し込み時には利用できません。
電話連絡での在籍確認を避けたい場合はインターネットでの申し込みは避け、店頭にて申し込みをするようにしましょう。
以上が勤務先への在籍確認を回避するための方法となります。

カードローンではボーナス払いが利用できるのか?

クレジットカードの返済方法の1つにボーナス払いという返済方法があります。
ボーナス払いは、年2回のボーナスを利用してクレジットカードの返済を行う方法です。
ボーナス払いを使えば、2月にカードで買った商品の返済を8月のボーナス月まで先送り出る上に、金利手数料が無料というメリットもあります。
このように様々なメリットがあるボーナス払いですが、カードローンではボーナス払いができるのでしょうか?

結論から言うと、カードローンではクレジットカードと同じようなボーナス払いはできません。
基本的にカードローンの返済では毎月の最低返済額が設定されています。
ですから「ボーナスでまとめて返済するから、ボーナスが出るまでは返済しません」という方法は通じません。

ただし任意返済や一括返済に対応しているカードローンならボーナス月に多めに返済したり、ボーナス月に一括返済することも可能です。
もちろんボーナス月以外は毎月の最低返済額を返し続ける必要があるので、毎月の返済に必要な金額をキープし続ける必要があります。

ボーナス月の任意返済や一括返済を利用すれば元金を早く減らせるため総返済額の少なくなりますが、毎月の最低返済額は必ず確保しておきましょう。